包茎20代男性

氏名 佐藤 浩次
性別 男性
年齢 25
身長 173cm
体重 65kg
住まい 東京都武蔵野市
職業 IT関連企業のシステムエンジニア
勤務先 六本木(東京都港区)
勤務時間 9:00〜17時30分(残業:毎日3〜4時間)
年収 470万
趣味 サッカー、サーフィン
性格 初対面の人には人見知りだが、慣れるとよくしゃべる
家族構成 一人暮らし(実家は三重県)

 

浩次のプロフィール

佐藤 浩次は六本木のIT関連企業に勤める25歳。大学卒業後に入社し、現在は社会人4年目となる。

 

実家は三重県だが、就職と同時に上京。現在は東京都武蔵野市の1ルーム賃貸にて一人暮らし中。仕事は残業が多く、家には寝に帰るだけといった生活が入社以来続いている。

 

高校1年のサッカー部の合宿。練習後の大浴場にて、自分が仮性包茎であることを同級生から教えられる。それ以来、温泉や銭湯に行く時には、タオルで前を隠しながら入浴している。

 

包茎についてあまり知識はなく、自分は仮性包茎だから問題ないと思っている。女性経験は人並みにあるが、過去に一度だけ「しっかりと剥いて洗って」と女性に指摘されたのが、今でも少しトラウマ。

 

できることなら包茎を治療したいとは思っているが、その先の一歩がなかなか踏み出せない。友人や医者に相談してくても、「恥ずかしい」という思いから、今まで一人で悩みを抱えてきた。

 

社会人となり、金銭的余裕も少しできたことから、包茎治療を真剣に考えるようになった。最近できた新しい彼女(里美)の存在も関係しているようだ。

 

里美は浩次の包茎治療に前向きの様子。浩次も自分包茎であることで、里美の体に影響がないか心配している。

 

また、いつかはタオルで前を隠さず、堂々と温泉や銭湯に入ってみたいと思っている。

浩次の抱えている悩み
  • 仮性包茎を治療したい
  • 手術しなければいけないのか
  • 治療の費用はどれくらい必要なのか
  • 痛くないのかな
  • 傷跡は残らないのかな
  • 自分が包茎であることで、彼女の体に影響はないのか
  • タオルで隠さず、堂々と温泉や銭湯に入りたい